読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけごログ

生き様見直し再構築クエ進行中

【初代ポケモン赤】ポケモン図鑑完成へ

ゲーム ポケモン

すけごろうです、こんにちは。


前回記事にてポケモン緑クリアとなり、当初の目的であった赤版に出現しないポケモンの捕獲も完了した。
nekonomist9.hatenablog.jp

残すは緑版から赤版へポケモンを移すのみ。すけごろうのポケモンマスターへの道もいよいよ大詰めとなったのだ。

ポケモンの移送&進化させて図鑑を埋めていく

f:id:nekonomist9:20161217120314j:plain

残すところあと10匹のようだ。

こんなところ。

f:id:nekonomist9:20161217120305j:plain

すけろくのスタメンであるブーバーと、化石から復元させたカブトをすけごろうの元へ送る。ちなみに図鑑を埋めた後ブーバーはすけろくの元へ返してあげました。なんとなく。

f:id:nekonomist9:20161217120322j:plain

ざっと育ててレベルを上げて進化する勢は皆最終形態となった。写真撮り忘れたけどこの後リーフの石を使ってウツドンウツボットへ進化。

これで見つけた数&捕まえた数150匹達成だ!

■禁忌を犯してみる

晴れて150匹ものポケモンゲットを果たしたわけだが、ここまで来ると妙に欲深くなるのが人というもの。
そう、図鑑No.151のアイツだ。


f:id:nekonomist9:20161217122354j:plain

グレン島ポケモン屋敷でのみその存在が確認されるミュウ。
通常プレイでは絶対に入手することは出来ないのだが、所謂バグ技を用いてしまえば話は別だ。

このゲームはそれだけでも楽しめるくらいに豊富なバグ技が揃っており、その中には本来ゲット出来ない筈のミュウを手に入れるというものも勿論存在する。筆者も当時友人伝手に聞いたバグ技でミュウ入手を試みたが、ステータス的に本来のミュウとは違った似て非なるものが得られただけだった。あの頃は「まぁバグ技だしそんなもんだろう。」くらいにしか思っていなかった。

しかしネットの発達した情報の宝庫たるこのご時勢。ちょっと調べてみれば同じバグ技とはいえステータス的にもちゃんとしたミュウが手に入る方法があるではないか。20年の月日は侮れない。


wikiの引用にはなるが方法としては

○ミュウの捕獲
用意するもの:マスターボールモンスターボールならなんでもよい)とたいせつなどうぐ2つ、道具14個
マスターボール、たいせつなどうぐ、たいせつなどうぐの順におく(それ以降は問わない)


1.タマムシシティの右の草むらに入る
2.道具の14番目でセレクトBB
3.戦闘に入り適当なポケモンでAを押すとバグるので逃げる
4.タマムシデパート2階へ行く
5.タマムシデパート2階の右の店員から右に3マス進んだ所で主人公のステータスを見る
6.店員に話し掛け「うりに きた」を押す。一覧を見るとマスターボール・たいせつなどうぐ・たいせつなどうぐ・バグアイテムの順に並んでいる
7.画面をスクロールして道具の1番上に大切な道具が来るようにし、バグアイテムを売る。このときBGMがストップする
8.売るのをキャンセルすると、自動的に大切な道具を売ろうとするが売れないので最初の選択に戻る
9.「べつに いいです」を選択
10.ジムリーダー/ワタル戦のBGMが流れ始め、ミュウが釣りあがってくる
11.道具欄を開くと自動的にマスターボールを投げるので捕まえられる

  • 備考-

・道具の位置に指定があるのは、自動Aボタン連打の状態になって、動かすことができないため。
・使うボールはマスターボール以外でもいいが、こちらのほうが確実である。また、ミュウを捕まえたマスターボールはなぜか消費されることなく残る。したがって、ミュウは上記の手順を繰り返せば無限に手に入る。
・この方法で捕まえたミュウは金・銀・クリスタルにも普通に送ることができる。

上記の方法を試してみるとこの通り。

f:id:nekonomist9:20161217120923j:plain

見事に釣り上がってきた。wikiに習って、ここは当然マスターボールを投じる。使い道に困っていたから丁度良かった。

■図鑑完成!!

f:id:nekonomist9:20161217120418j:plain

20年越しの悲願達成。感無量である。マジで。
当時の筆者は図鑑コンプなんて考えもしなかったから、まさかこの光景を拝める日が来るとはね。


f:id:nekonomist9:20161217120355j:plain

早速タマムシシティ某マンション内のゲームフリークへ。
「図鑑完成したらまた来てね」と言ってくれていた人に会いに行く。

f:id:nekonomist9:20161217120403j:plain

このメッセージの変化を見れる日が来るなんて。

f:id:nekonomist9:20161217120411j:plain

この賞状、実は当時の攻略本で見た事自体はあった。
しかしゲーム画面で見るのとはまた違った感情が湧いてくる。嬉しい。

○ついでに

忘れかけてたけど、元々の図鑑作成の依頼者であるあの人にも報告せねばなるまい。

f:id:nekonomist9:20161217120704j:plain


f:id:nekonomist9:20161217120731j:plain

案外淡白な反応で肩透かし食らったというのは内緒だ。
特にアイテムが貰えるでもなく、メッセージのみで終わり。

まぁ博士からの労いの言葉を頂けただけでも良しとしよう。

■初代ポケモン緑&ちょこっと赤プレイ記 これにて完

ブログでは赤版の図鑑埋めのついでに始めた緑版の記事が中心とはなっていたが、筆者の目線ではこの一年は本当にポケモンに終始した一年だったように思う。配信のバーチャルコンソールで遊び、マギアナ欲しさに映画にも行き(結構感動しました)、ポケモンGO片手に街中を歩き回ったり、そして新作サンムーンは現在進行形でプレイ中である。
自分の青春の一つであるコンテンツが尚も進化し続けていて、それでいて今でも十二分に楽しめるというのは何と素晴らしいことか。一ファンとしてこれからも応援させて頂きます。

そしてブログを開設してやりたかった事の一つである、ゲームプレイ日記も書き始めから完結まで連載させることが出来た。今までやりたいと思いつつも出来なかったことが達成出来たのは素直に嬉しい。
今後も新しくゲームを遊ぶ時は、こうしてブログにプレイ経過を綴りながら進めて行くのも悪くないなと思った。ゲームを楽しむ方法の一つとして非常に良い発見だった。

ゲーム実況が盛んなご時勢でプレイ日記なんて若干アナログな感じは否めないが、何となくこっちのが筆者には合っている気がするのでマイペースにこれからもブログコンテンツの一環として取り組んでいこうと思う。

次は何やろうかな。