読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけごログ

生き様見直し再構築クエ進行中

【初代ポケモン緑】カントー旅行記 LAST

ゲーム ポケモン

すけごろうです、こんにちは。

前回の記事
nekonomist9.hatenablog.jp

すけろくの旅もいよいよ大詰め。
いざポケモンリーグへ。

ポケモンリーグ

四天王と呼ばれる4人のトレーナーと戦い、全ての四天王を倒した者はリーグチャンピオンとして称えられる。一度挑戦すると四天王全員に勝ち抜くか負けるまでは引き返す事が出来ないという茨の道である。

ここまで苦難(?)を乗り越えて来たすけろくの中に引き返すなんて言葉は存在しないので、望むところだ。
早速四天王の待つ部屋へ進む。




一人目の四天王は氷使いのカンナ。

f:id:nekonomist9:20161119163938j:plain

エスパータイプが幅を利かせている初代において同じくらい強いとされるのがこの氷タイプである(正確には技のふぶき)。耐久の備わってるポケモンが多いので、一人目とはいえ中々一筋縄ではいかない相手である。

○VS カンナ

f:id:nekonomist9:20161119163943j:plain

カンナの手持ち

とは言え水の複合タイプが大半を占めているので電気技の通りが良い。ペルシアンの10万ボルト、ほぼ急所必中の切り裂くで突破。




二人目の四天王は格闘使いのシバ

f:id:nekonomist9:20161119164044j:plain

5匹中2匹が岩タイプだったり、3色パンチの仕様上残念性能なパンチャーがいたりということもあり、カンナが突破出来たのなら彼奴も難なく倒せるだろうというくらいには易しめの相手。次回作金銀でも四天王の3番手を務めている辺り設定的には中々の実力者なのかもしれないが。

○VS シバ

f:id:nekonomist9:20161119164117j:plain

シバの手持ち

油断してるとサワムラーの飛び膝蹴りで沈めさせられることもあるので、先手が取れないなら注意が必要かも。こちらにはドードリオ筆頭にサイキネ持ちブーバーも居るので問題なし。難なく突破。




三人目の四天王はゴースト使いのキクコ

f:id:nekonomist9:20161119164200j:plain

麻痺・混乱といった状態異常、固定ダメージとシバに比べれば癖のある相手である。余談だがダイヤモンド・パールに登場する四天王のキクノと容姿や名前が非常に似ている。多分親類なんだろうけど公式による言及は一切無いとのこと。単純に忘れられてるだけなのか、はたまた言えない理由でもあるのか。
ダイアモンド・パールのリメイクもその内来るのではーみたいな噂もあるし、もしそうなれば多少は触れられたりもするのかしら。

○VS キクコ

f:id:nekonomist9:20161119164222j:plain

キクコの手持ち

毒の複合タイプばかりなのでエスパーポケモンもしくは同タイプ技があれば比較的楽に戦える。ただし全体的に素早いポケモンが多いので、先手で状態異常にされると何かと面倒。ニドクインの地面技とブーバーのサイキネで何とか突破。




四人目最後の四天王はドラゴン使いのワタル。

f:id:nekonomist9:20161119164308j:plain

言わずと知れたチートトレーナー(強さ的な意味ではなく)。本来習得出来ない筈の技を手持ちポケモンが覚えていたり、進化レベルに到達してないにも関わらず最終進化してるポケモンが手持ちにいたりと、初代・金銀と股にかけて胡散臭さを醸し出してる御方。
ただし善人には違いないと思う。

○VS ワタル

f:id:nekonomist9:20161119164336j:plain

ワタルの手持ち

ギャラドスペルシアンの10万ボルト、その他はドわすれ積みのニョロボンれいとうビームで封殺。レベルは足りてなくとも結構何とでもなる。




何はともあれ四天王全員撃破!
晴れてすけろくはリーグチャンピオンとなるのだ。



f:id:nekonomist9:20161119164429j:plain



ありがとうございます。



f:id:nekonomist9:20161119164442j:plain



エッ(゜д゜)



f:id:nekonomist9:20161119164520j:plain





ざわざわ




f:id:nekonomist9:20161119164533j:plain


f:id:nekonomist9:20161119164613j:plain

分かってますとも。
リーグチャンピオンはまだお預け。

更に一歩先へ進み、いざ決戦の舞台へ。

■ラストバトル


f:id:nekonomist9:20161119164800j:plain

いつもの調子の田尻氏。
まあこれくらい緊張感がない方が彼らには合っているのかもしれない。

ここまでくればもう何もいう事は無い。
いざ勝負!

○VS 田尻氏(ラストボス)

f:id:nekonomist9:20161119164817j:plain

田尻氏の手持ち

どれも高レベルなので単純に強いっちゃ強い。しかしながらサイドン・ウィンディ・ナッシーに関しては仕様とも相まって技構成が非常に残念なものとなっている。先方のピジョット、次いで繰り出されるフーディン、ラストのカメックスは要注意。特にカメックスは高確率でこおり状態付与のふぶきと高威力のハイドロポンプを放ってくるので、一撃で沈められる事も有り得る。

こちらも総力戦と行こうではないか。

○決着

f:id:nekonomist9:20161119165101j:plain

勝負あった。
ここまで一度も出番の無かったモルフォンが相手方の大将カメックスを撃破してくれた。眠り粉+影分身の強さよ。




晴れてすけろくはリーグチャンピオンとなったのだ。

f:id:nekonomist9:20161119165232j:plain

先代チャンピオンよりお墨付き頂きました。

f:id:nekonomist9:20161119165239j:plain

博士からもお祝いの言葉を頂く。

○殿堂入り

博士に案内され奥の部屋へ連れて行かれるとそこには一つの端末が。

f:id:nekonomist9:20161119165401j:plain

ここまで一緒に戦ってきた仲間達、そしてすけろくの事を永遠に記録してくれるそうな。これで彼も世に名を残すことが出来たのだ。



すけろく

f:id:nekonomist9:20161119165424j:plain


そしてメンバー達

f:id:nekonomist9:20161119165502j:plain


殿堂入りが終わるとエンディング。
お疲れ様でしたすけろく。

■これにておしまい

f:id:nekonomist9:20161119165519j:plain

すけごろうの図鑑完成の補助として旅立ったすけろくも今やいっぱしのポケモントレーナーとなりました。

これにて緑版初プレイクリアとなったわけだが、テレビCMでも聞いたように赤版と比べて本当にちょっと違うだけだった。ポリゴンのお値段が易い辺り緑版の方が優しく出来てるような気がしないでもない。あと画面の色合いも若干違ったりするのも3DSだから分かる発見だったりするのかな。

ちょっと前に赤版もクリアしてやや立て続けに初代ポケモンをプレイする形になったけども、やっぱり面白い。何度プレイしても自分で色々工夫して遊べるから面白い。今も続いているシリーズなだけあって、本当によく出来た、完成されたゲームなのだなぁと思いました。

余談だけど新作ムーンも楽しくプレイ中である。
当ブログの更新頻度の急激な遅れからもそれは察していただける筈である。





さて、すけろくの冒険はこれで終了となったが、次はすけごろうの図鑑完成だ。
次回ポケモン図鑑完成をもってもう一つの最終回とする。