読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけごログ

生き様見直し再構築クエ進行中

【初代ポケモン緑】カントー旅行記vol.7

ゲーム ポケモン

すけごろうです、こんにちは。

前回の記事
nekonomist9.hatenablog.jp
いよいよシルフカンパニーへ殴り込み。

ヤマブキシティ

シルフカンパニー

社内はそこそこの広さな上、ワープゾーン配備という初見では中々複雑なダンジョンとなっている。過去の記憶を頼りにロケット団員を蹴散らしながらキーアイテムを探し、どんどん進めていく。


すると

f:id:nekonomist9:20161119161618j:plain

どこにでも現れる田尻氏。

「ここに来ればお前に会えると思ってよ!」

だからってここまで来なくても。

○VS 田尻氏(6回目)

f:id:nekonomist9:20161119161638j:plain

田尻氏の手持ち

ここまで来ると流石にその辺のトレーナーとは打って変わって強力。フーディンカメックス辺りがやはり強い。総力戦となるも丁寧に撃破。


田尻氏を下し先に進むといよいよ社長室。
当然ながらロケット団総帥のサカキ様がいらっしゃった。
大人の大事な話に口を挟むなと仰るのでここは正義の鉄槌をば。

○VS サカキ(2回目)

f:id:nekonomist9:20161119161926j:plain

サカキの手持ち

田尻氏に勝利したすけろくがこのような巨悪に負けるわけがない。

ちなみにこの戦闘でニョロゾがドわすれを習得。これで必要な技は覚え切ったので進化させることが出来る。


晴れてシルフカンパニーを悪の手から解放することが出来た。シルフ社長からはお礼にマスターボールをいただく。一企業の窮地を救ったのにボール1個で済ますとか、この世界におけるモンスターボールの価値やいかに。

○ヤマブキジム

ロケット団が街から撤退したことによっていよいよ6つ目のジムへ挑戦することとになるのだが、ここで一旦タマムシシティへ戻り水の石を購入。ニョロゾニョロボンへ進化させる。

f:id:nekonomist9:20161119162112j:plain

ナイスイカリ肩。
ポケスペでレッドの手持ちだったのが衝撃だった当時。

更なる戦力強化を経たところで早速ジムへ。
ヤマブキジムはエスパータイプ専門。ここのトレーナーの繰り出すエスパーポケモンはワンパンで倒せないと思わぬ苦戦を強いられることがあるので注意。

ちなみに先ほど進化させたニョロボンは格闘タイプが付与されるのでこのジムではお役御免。戦力強化とは如何に。

○VS ナツメ

f:id:nekonomist9:20161119162025j:plain

ナツメの手持ち

素早く高威力のエスパー技を放ってくるユンゲラー&フーディンが厄介。先制して物理技を叩き込めなければ結構苦戦する。
ナツメと言えば後の金銀リメイク作等で数々のプレイヤーに衝撃を与えたことで有名。ちなみに著者はゲームプレイ前に赤版の説明書読んだ時は男だと思ってました。

グレン島(2回目)

2度目のグレン島。今度はジム挑戦の為再訪。

ポケモン屋敷

島内に佇む大きな施設。ブーバーもここで捕まえたわけだが、中では幻ポケモンのミュウにまつわる情報を見ることが出来る。ほんとはミュウってここで見れる設定だけの存在にする筈だったとか。

f:id:nekonomist9:20161119162140j:plain

ここではグレンジムに出入りする為に必要なひみつのカギを拾う。
ジムを施錠する意味もそのカギをこんな辺ぴな場所に置いておく理由もよく分からない。

カギを拾ったらいざグレンジムへ。

○グレンジム

グレンジムは炎タイプ専門。
ジム内のトレーナー達もしっかり炎ポケモンを繰り出してくる。稼業から足を洗った元火事場泥棒とかもいる。案外真っ当な人達の集まりなのかもしれない。

ジムリーダーの元へ行くにはいくつかのロックされた扉を開けながら進まなければならない。解除方法はクイズに答えて正解するorトレーナーに勝利するのどちらかだが、トレーナーと戦った方が経験値もお金も得られるので戦いながら進めていく。

ジム最奥でリーダーのカツラと対戦。

○VS カツラ

f:id:nekonomist9:20161119162256j:plain

カツラの手持ち

  • ガーディ  Lv42
  • ポニータ  Lv40
  • ギャロップ Lv42
  • ウィンディ Lv50

上の画像が燃え尽きちゃってるのは戦闘前に写真撮るの忘れてしまった為。
ウィンディのレベルは初見でちょいビビるが特殊が大して高くないので炎技も然程怖くない。

■今回はここまで

次はいよいよ最後のジムに挑戦。
最後のジムリーダーはご存知あの御方。


現在の手持ち