読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけごログ

生き様見直し再構築クエ進行中

【初代ポケモン赤】ひゃくごじゅういちの思い出

ゲーム ポケモン

すけごろうです、こんにちは。

ポケモン20周年の年

その記念の一環としてシリーズ1作目にあたるポケットモンスター赤緑ニンテンドーバーチャルコンソールでDL発売された。それが今年の2月、もう8ヶ月近くも前の話である。

f:id:nekonomist9:20160914165614j:plain

筆者も当然購入した。
昔買ったのと同じ、リザードン印の赤バージョン。

ちなみに筆者には弟が一人いるのだが、当時彼が所有していたのは緑バージョン。兄が大きな初代ゲームボーイで遊ぶ一方で、彼はゲームボーイポケットで遊んでいた。本体色もソフトと同じ緑だった気がする。しかし主力ポケモンは筆者の友人から貰ったエレブー(赤版にしか登場しない)という。

兄弟揃ってゲームボーイを一台ずつと各々が別バージョンのソフトを所持しているという完璧な環境にありながら、この兄弟ポケモン図鑑を埋め尽くしたことがない。今思えば不思議不思議である。いやそもそも図鑑コンプしようとかそういうことは考えていなかったのだ。一つのデータを極めるよりは、狂ったようにひたすら周回プレイに興じていたように思う。お子様あるある。


さてさてそんなわけで昔を懐かしみながら購入したVC版ポケモン赤。当時のように無我夢中で周回プレイに勤しむのは、時間も少ないかつ他のゲームも遊びたい大人には正直もうキツイところがある。

それならば…

大人になって色々知り尽くした今だからこそ、ポケモン図鑑コンプリートを目指してみようじゃないか!
大人になってようやく目指せるポケモンマスター!!

■まずは普通に遊ぶ

とはいえ流石にもう8ヶ月近くも前の話なので、既にクリア済みである。

f:id:nekonomist9:20160915165034j:plain

f:id:nekonomist9:20160915164656j:plain

特に縛りプレイとかはしていないけど、あまり使ったことのないパーティで最後までというのがなんとなく決めたルール。取り敢えずオムスターの強さに驚いた。

それにしても仕様上仕方がないとはいえ、ラストのライバルの手持ちポケモンの技、もうちょい何とかならなかったのかと毎度思う。ワタルのカイリューは触れるまでもなく。

ポケモン収集開始!

クリア後ダンジョンも開放され、いよいよ本腰を入れてポケモン図鑑を埋め尽くす作業に取り掛かる。

クリアだけを目指してほぼほぼストレートに進めていたので無人発電所もふたご島もサファリゾーンも全く手付かずだ。手始めに伝説の鳥ポケモン捕獲を目指しつつ周辺のポケモンも捕らえていくとしよう。ちなみにチャンピオンロードのにらみつけてくる鳥ポケモンだけは何故か捕獲済みだった。















- そして時は流れ















やあ諸君、待たせたな。
筆者はついにやり遂げたのだ。そう、つまり"赤版に出現するポケモン"を全て捕獲し図鑑を埋めることに成功したのだ!!




f:id:nekonomist9:20161009103843j:plain




足りねえ。

そりゃあそうだ。ポケモンが何故赤緑という2つのバージョンに別れているのか。それは言うまでもなく、出現するポケモンの違いだ。片方のバージョンだけどれだけの時間プレイしようとも、ポケモン図鑑の穴が全て埋まることは永久に叶わず。単純に通信交換の過程でしか進化しないポケモンや、一プレイにつき一匹しか入手出来ない御三家(最初に貰える三匹のポケモン)やイーブイ(進化パターンが三種類)の存在なんかも、ポケモンマスターを目指す上での大きな障壁となっている。

というか、1プレイにつき捕獲出来るポケモンの数が123匹というキリのいい数字。二十年越しに知り申した。

■いざパラレルの世界へ

f:id:nekonomist9:20161009104605j:plain

そんなわけで悲願成就させるべく買ってきた。ただ同一の3DS本体で両バージョン遊んだところで通信交換が出来ないので、緑版は嫁さんの3DSを使わせてもらうことにする。これも大人だから出来ること。遊びに対して際限なくのめり込めるのが大人の特権だ。

緑版をプレイするのは始めてだったりするので、ちょっぴり楽しみ。赤版の図鑑コンプが目的ではあるが、こちらはこちらで色んなポケモンを率いて楽しく最後まで遊ぶのだ。