読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけごログ

生き様見直し再構築クエ進行中

オンラインゲームで遊びたい

ゲーム

すけごろうです、こんにちは。

ネトゲやりたい症候群

定期的にやってくるネトゲ(ネットゲーム、オンラインゲーム)で遊びたいという欲求に駆られることを筆者はこう呼んでいる。そして今まさにその時期が来ていたりする。仕事や資格の勉強で忙しい時期が続いていたし、空いた時間があっても携帯ゲーム機でばかり遊んでいたこともあり、長らく御無沙汰だったのでそろそろまた遊びたい。

筆者がよくプレイするのは基本的にMMOなRPG。学生の時分は金銭的に裕福でない為基本プレイ無料ゲームに手を出し、社会人になって自分でお金を稼ぐようになってからはパッケージソフトありきの月額課金ゲームも遊んだりしていた。

そんなわけで何かしら遊びたいのだが、今まで遊んでたタイトルを再開するのか、それとも新規開拓していくかで悩む。
うーむ、どうしようか。


過去プレイしたタイトルを振り返る

取り敢えずは過去プレイしていたゲームで思い当たるものがいくつかあるので、一先ずそれらを振り返ってみてから考ることにしよう。そうしよう。

メイプルストーリー

横スクロール2DアクションRPG。通称メイポ
当時中高生の身分ではとてもじゃないが月額プレイ料金なんて払えたもんじゃない。という事で最初に始めたのが基本プレイ無料のこのゲームだった。そこまでPCスペックを必要としないというのもあって手軽に遊べたのも大きかった。

グリュンヒルという大剣に憧れてファイターで始めたのだが、2次職のソードマンへ転職後レベル50手前くらいで飽きて辞めてしまった。グリュンヒルは確かレベル75装備なので当然装備は出来ないし、入手も出来ず終い。基本プレイ無料とはいえ、アバターのコスチュームや装飾、利用期限が決められているペット(アイテム回収を自動で行ってくれたり回復したりとプレイヤーのサポートをしてくれる)等など、自キャラを好みにカスタマイズしたり快適にプレイしようと思えばどうしても課金が必要になってくる。今思えば当然のことではあるのだが、ネットゲーム初心者だったので遊び進める毎に重課金ユーザーとの格差に虚しさを覚えていったのも理由かも。

何やら現在では職業の数も35種類に増えていたり、上級職までのレベル上げが簡略化されていたりと、今から始めてもある程度のところまでは苦なく遊べそう。
当時は未実装だった4次職も実装されてるみたいだしもう一度戦士系譜でプレイしたい気もするけど、今遊ぶのであれば新職を選ぶのがマストのようだ(初期からの職である冒険者でのプレイは現環境ではひたすら苦行なんだとか)。

テイルズウィーバー

2Dグラフィック斜め見下ろし型のRPG。運営はメイプルストーリーと同じネクソン
予め用意された8人の主人公キャラクターから一人をプレイヤーキャラとして選択するタイプのゲーム。職業はキャラクター毎に固定だが、スキルの選択によってプレイスタイルをある程度選べる。また、選んだキャラに応じたストーリー展開が用意されている。

…といっても筆者は2人分のキャラでしかプレイしていないし、プレイ期間もそれほど長くはないのであまり詳しくは知らない。最初はルシアンで始め、途中からミラに乗り換えたのだが、レベル30到達した辺りで辞めてしまった。非常に遊びやすいゲームだったのだが、いつの間にか遊ばなくなっていた。何故かは覚えていない。

初期の8人から増えて、今では17人の主人公がいるらしい。倍以上じゃないか。さらに内2人に関してはレベル200に到達したキャラクターを所有していることが選択出来る条件なんだとか。すなわち最初から始めるのだとしたら実質15人の主人公から選ぶということになる…が、それでも十分過ぎるくらい多い。
一風変わったスタイルのキャラが増えてるので新鮮な気持ちで遊ぶことは出来そう。

RED STONE

2D斜め見下ろし型のRPGテイルズウィーバーとは違って一見硬派な雰囲気。2つのジョブを切り替える『変身システム』というのが売り。
ランサーで始めてレベル30手前くらいまで遊んだが、あまり内容は覚えてない。

◆トキメキファンタジーラテール

横スクロール2DアクションRPG。自分のキャラクターをおしゃれに着飾る事なんかにも重点が置かれており、やや女の子向けっぽい感じのゲームデザインとなっている。

基本プレイ無料のゲームでは最もプレイ時間が多かったと思われる。最初にプレイしたメイプルストーリーと同じ横スクロール系というのがとっつきやすく、低スペックPCでも十分動く、操作がしやすい、そして筆者も当時大学生となり小銭程度は稼ぐようにはなっていたので若干の課金要素も楽しめるようになっていた(アバターコスチュームの購入くらいだが)こともあり、そこそこハマっていた。これまでは肉弾戦タイプのキャラメイクばかりしていたので、このゲームではマジシャンを選択。2次職のソーサラーまで頑張ってプレイし、その後始めてセカンドキャラ(こちらはファイター)なんかも作ったりした。

結局リアルで実習やら就活で忙しくなりその内遊ばなくなってしまったのだが、社会人になってからもしばらくして復帰。4年くらい経っていたので環境の変化も楽しむ為に敢えて新キャラ(レンジャー)を作ってプレイしてみたのだが、レベルはアホみたいな早さで上がっていくわ、2次職への転職可能レベルが70→50へ引き下げられているわで数日プレイしただけでかつてのソーサラーと同じくらいの強さに追いついてしまう。他のプレイヤーとパーティを組まなければ攻略出来ないストーリーダンジョンもソロで攻略出来る等の仕様変更もあり、ものすごーくサクサク進めることが出来るようになっている。サクサク進んでサクっと飽きてしまったが。

復帰プレイから更に4年くらい経ってはいるが、これから始める人にはとても優しい仕様になっているのは恐らく今も変わっていないと思うので、気軽にネットゲームで遊びたいという人には個人的におすすめ。

ドラゴンクエスト10

基本プレイ無料のRPGしかやったことの無かった筆者が初めて手を出した月額課金ゲームである。タイトルが発表された当初より遊ぶ気満々でいたので、Wiiの周辺機器やキーボードなんかも事前に揃えるという磐石の体制を作り、パッケージ発売当日にソフマップへ走ったのは未だ記憶に新しい。プクリポ魔法使いでプレイ開始し、1ヶ月と少し程かけてラスボス撃破まで到達した。

f:id:nekonomist9:20160927161720j:plain

自キャラ【チョロ】さん。プクリポかわいいよプクリポ
ゲームの中でまで人に気を使いたくない性格なので、それまではソロプレイが基本スタイルであり他のプレイヤーとは最低限の関わりしか持ったことが無かったのだが、今作でパーティプレイの楽しさを知りチーム(ギルド的なもの)への加入等も経験した。
天魔クァバルナ戦の手に汗握る感覚や、初撃破時に喜びを分かち合った時の感激は今も忘れられない。一人のフレンドを通じて組んだパーティだったんだけど、同じ四人組でラスボスも倒したっけ。あの頃が個人的に一番楽しかったように思う。

以降については最初の大型アプデ、魔法戦士とレンジャーが追加された辺りだったと思うがその辺からログインする時間が減り、半年~1年スパンくらいでプレイ休止と再開を繰り返している。
現状はレンダーシア編2章の終盤まで進めて止まっている状態だったと思う。一応、ちょっと前に復帰しようと思い当時発売されたばかりのVer.3『いにしえの竜の伝承』のディスクを購入してはいるのだが、ドライバーがディスクを読み込まない(DVDのみで音楽CDなんかは読み込む)というPCの不具合のせいで遊べず終いのまま現在に至る。ドライバーのクリーナー等も色々試してはみたが結局ダメだったので、PCを新調するまでは復帰出来そうにない。このPCも8年くらい動いてくれてるので、ところどころガタがきてもおかしくないといえばそうなのだが。

何故DL版を購入しなかったのかって?
そりゃVer2までディスク版揃えてたら次もパッケージで買うでしょう。そういう性格なのだ。

出来るものなら直ぐにでも復帰したいゲームだが、やむを得ない。くう。

ファイナルファンタジー11

そもそもネットゲームに興味を持つきっかけとなったのが大好きなFFシリーズのオンラインゲーム化である。プレイするにはPS2本体とパッケージソフト、BBユニット、遊ぶ為の月額料金ともはや手も足も出ないといった感じで指を咥えるしかなかった(そもそもその頃我が家にはインターネット環境すら満足に整っていなかった)。遊びたい欲求を代替すべくファミ通やら電プレを買っては特集記事なんかを読み漁ったものである。電撃旅団の記事なんかは読んでるだけで自分もゲームプレイヤーの一人みたいな感覚になるくらい好きだった。

そんな思い出や憧れのタイトルであったが、先述したドラクエ10のディスク読み込めない問題がきっかけとなり「ドラクエ出来ないなら思い切ってFFだ」とよく分からない決意をし今更ながらプレイ開始することとなる。始めたのは今年の1月だか2月くらい。実に13年とちょっと越しの念願が叶った事になる。

サービス開始当初に比べればプレイヤー人口こそ減っているのは致し方ないが、貰える経験値は大幅増、フェイスというNPCキャラを仲間に加入させる事でソロでもパーティプレイが可能、テレポストーンが各所に配置され移動が格段に楽に、といった具合にだいぶ遊び易い仕様になっている。世界観やメインのストーリーは流石FF、非常に完成度の高いものになっているとのことなので、筆者はコンシューマのFFを楽しむ気分でこのゲームを始めることにしたのであった。

キャラは白タルタル。後々サポジョブで使えるとのことなので白魔道士を選択したが、後々メインを何にするか考えて行く予定。

今のところ期間としては1ヶ月程度遊んだのみで、リアルで色々とあったので最後に遊んでから4~5ヶ月くらいは触っていない気がする。こちらのプレイを再開するのも良い気がするけど、月額課金があるので"ちょっと遊ぶか"という片手間に遊ぶ程度のプレイが出来ない。折角払うのならその分最大限に遊ばなければならない。大人になってもお金は大事なのだ。

結局どうするよ

やはりやるなら基本プレイ無料ゲームがいいな。ということでメイポかテイルズ、もしくはラテールをもう一度やろうかな…

と考えていた矢先、Twitterのタイムラインに何やら気になるリツイートが上がってくる。とある新作オンラインゲームが登場し、日本でのβテストを実施中、9月末には正式サービス開始、と。

MMORPG『Tree of Savior』
tos.nexon.co.jp

3Dゲーが主流と思われる今だからこそなのか、どことなく懐かしい2Dグラフィックである。過去に流行ったラグナロクオンライン(以下RO)を彷彿とさせる雰囲気がある、と同作のファンとおぼしき方々から声が上がっているという。ROを遊んだことの無い筆者はゲーム内容に関しては何とも言えないが、ゲーム画面とか動画を見比べてみると、言われてみれば確かになという感じ。

PCの必要スペックも何とか足りてるし、遊ぶ分には問題なさそう。丁度正式サービスも開始されるし、これはもしや良い機会なのかもしれない。きっとそうに違いない。


f:id:nekonomist9:20160918164116j:plain

そんなわけで始めてみました『Tree of Savior』(以下ToS)。
クラスは他ゲーでもあまり選んだことの無いアーチャーで開始。最終的にはローグを目指してプレイしてみたいと思う。プレイ日記みたいにして経過とかも今後書き綴っていこうかな。